二重埋没法が人気の理由

一重まぶたや奥二重がコンプレックスで、毎日メイクで二重を作っているという人も多いのではないでしょうか。スッピン時でも二重まぶたをキープしたいという人に、選ばれているのが二重埋没法という美容整形です。他にも二重のラインを作る施術法はありますが、なぜ二重埋没法が人気を集めているのか、その理由をチェックしてみましょう。

そもそも二重埋没法とは?

そもそも二重埋没法とは、どのような美容整形なのか基礎の部分からチェックしてみましょう。二重埋没法はまぶたと筋肉や腱を特殊な医療用の糸で固定し、二重のラインを作る美容整形の1つです。大きく瞼板法と挙筋法という2つの施術法に分けられます。

瞼板法は最もポピュラーな二重埋没法です。まぶたの表面側である皮膚の内側と、裏側にある瞼板という部分を糸で縫いとめるという施術を行います。目を開けるとまぶたの皮膚と瞼板を留めている糸が持ち上がることで、二重のラインができるという仕組みです。

挙筋法はまぶたの皮膚と挙筋という、まぶたにある筋肉を糸で固定して二重を作るという施術法です。挙筋法は比較的、まぶたが厚いという人やまぶたの皮膚にたるみがある人でも、二重のラインを作れるという特徴があります。

瞼板法同様、挙筋法も目を開けるとキレイな二重が現れます。ほとんどのクリニックでは瞼板法を採用してるようですが、施術法の選択肢は多い方が良いと考えているなら瞼板法・挙筋法両方を行っているクリニックを選ぶと良いでしょう。

メスを使わないプチ整形だからチャレンジしやすい

二重埋没法が人気を集める理由として、まず挙げられるのが「メスを使わないプチ整形」という点です。瞼板法と挙筋法という2つの施術法がある二重埋没法ですが、どちらの方法も顔にメスを入れることなく二重のラインを作れます。

美容整形を行う際、やはり恐怖心を感じるのが身体にメスを入れるということです。特に顔への施術となると、大きな恐怖心を感じる人もいるでしょう。二重埋没法の場合、施術で使用するのは医療量の特殊な針と糸のみです。

顔にメスを入れることなく目元のコンプレックスを解消できるのは、二重埋没法の大きなメリットと言えます。施術時間も二重埋没法を得意としているクリニックであれば、両目の施術でわずか10分から15分程度と短時間です。

美容整形と聞くと敷居が高く感じてしまい、躊躇してしまう人も少なくありません。ですが、メスを使わないプチ整形の二重埋没法であれば美容整形初心者の人でも、チャレンジしやすいということから人気を集めているようです。

局所麻酔で施術を受けられる

美容整形を受ける際、全身麻酔をしないといけないのではと不安に感じる人も少なくないようです。美容整形の施術によっては、全身麻酔をしなければいけないケースもあります。全身麻酔は身体への負担も大きいので、できることなら避けたいという人が大半でしょう。

二重埋没法はというと、局所麻酔のみで施術を受けられます。二重埋没法は点眼麻酔と局所麻酔で行うのが基本です。点眼麻酔は眼球にさす目薬状の麻酔液で、局所麻酔をする際の痛みを軽減します。まず、点眼麻酔をしてから注射針で麻酔液をまぶたに注入する、局所麻酔と2二重埋没法は段階で麻酔を行います。

局所麻酔を行う際もできるだけ、痛みが出ないよう細い注射針を使うクリニックがほとんどですが、より痛みの負担を軽減できるよう点眼麻酔もプラスされるのです。点眼麻酔と局所麻酔は全身麻酔のような負担がありません。

もちろん、針と糸でまぶたを固定するときの痛みも出ないので安心して施術を受けられます。負担の軽い麻酔で済むプチ整形という点も、二重埋没法が人気を集めている理由の1つです。

ダウンタイムの期間が短い

美容整形を受けるにあたり注意しておかなければいけないのがダウンタイムです。ダウンタイムとは美容整形を受けた後、腫れや痛みといった症状が続く期間のことを言います。二重埋没法はダウンタイムの期間が短く、さらに症状も軽いということから人気です。

二重埋没法の場合、術後腫れのピークは2日から3日程度で1週間もすれば徐々に落ち着いてきます。入浴も目元を濡らさないようにすれば、施術翌日から可能です。麻酔が切れると痛みを感じることもありますが、クリニックから処方された鎮痛剤を服用すれば自分でコントロールできる程度です。

もし、術後に腫れが強く出てしまったとしても、アイシングのケアを行うことで症状を軽減することもできます。密閉できる袋に氷を入れて、それをタオルで巻いたものを目元に当てて冷やすケアがアイシングです。このケアを行うだけでも、グンと腫れを抑えられます。

ただ、アイシングをし過ぎてしまうと、かえって目元の回復力を低下させてしまうことがあるのようです。1回のケアは約5分程度・1日5回ほどに留めるようにしましょう。ダウンタイムが短いということもあり、学生さんや仕事をしていて長期休暇を取れないという人でも、施術を受けやすいという魅力があります。

例えば休日の前日に二重埋没法を受けて、休日は安静にしていれば休日明けに学校や会社に行くことも不可能ではありません。忙しいという人でも施術を受けるスケジュールを組みやすいという点も、二重埋没法が幅広い年代の人に選ばれている理由と考えられます。

美容整形としては費用がリーズナブル

美容整形は健康保険が適用されないため、治療にかかった費用は全て自己負担しなければいけません。さらに、クリニックによって価格が変わる自由診療でもあるので、美容整形を受ける際は施術費用は特に気になります。二重埋没法は数ある美容整形の中でも比較的、施術の相場がリーズナブルということでも人気です。

例えば、メスを使い二重のラインを作る施術法の場合、約30万円程度の費用がかかります。30万円と聞くと金銭的に施術を受けるのが難しいと、感じる人もいるかもしれません。一方、二重埋没法はというと約5万円から10万円という費用が平均的な相場です。

メスを使って二重を作る施術法と比べると、かなり安い費用で施術を受けられるということが分かります。5万から10万円という価格であれば、金銭的な負担もそれほど感じず施術を受けやすいと感じられるのではないでしょうか。

施術費用の相場がリーズナブルということもあり、若い女性から大人の女性まで幅広い年代の人が二重埋没法を選んでいます。